生水敬一朗  
Bandoneon

Keiichiro Shozu

Profile
日本唯一の希少なバンドネオン奏者

1981年 石川県加賀市出身。
2004年 埼玉県教育学部音楽専修を作曲専攻にて卒業。

日本初のクラシックのバンドネオン奏者。

La musica Es(ラ・ムシカ・エス)を主宰。

バンドネオンを小松亮太氏に師事した後、2002年2月、3月と2004年3月~2006年1月までアルゼンチンのブエノスアイレスに渡り
音楽史上初のクラシック音楽のバンドネオン奏者であり、作曲家のアレハンドロ・バルレッタ氏(1925-2008)に師事。
またウルグアイのモンテビデオにてバルレッタ氏の弟子でもあった故 レネ・マリーノ・リベーロ氏(1935-2010)に師事。
ブエノスアイレス留学中、多数のコンサートに出演したほか、3回のリサイタルを開催。
また、アルゼンチン全国ネットの番組に日本人クラシカルバンドネオン奏者として出演し、インタビューを受ける。
これまでに作曲を鈴木静哉、バロック音楽理論、及び奏法を岡田龍之介の各氏に師事。

現在、クラシカルバンドネオン奏者として、バルレッタ氏が追及したクラシック音楽におけるバンドネオンの可能性を探求し、
演奏活動を行っている。

2009年12月 1st CD 『バロック&バルレッタ ~ アレハンドロ・バルレッタに捧ぐ ~』 (DCJA-21013) 〔ディスク クラシカ〕

【公式HP】 http://www.keiichiroshozu.com/

株式会社アルテ・エスペランサ

お問合せは…こちらまで                 

Arte Esperanza Top




アルゼンチンから吹く風

現代(ラテン)古典(クラシック) 

狭間の響き