お問合せは…こちらまで!

ピアノの響きとともに、自由な感性が戯れる

楽曲ひとつひとつにきっちりした構築と考察を加えながら、音楽そのものが音として現れる瞬間の感覚…
即興的な瞬間を自由な心で捕らえその響きと戯れるように表現するピアニスト

Piano

『W100 ピアニスト
      ジャンルを超えた女性演奏家たち』

シンコーミュージック・エンタテイメント
2011年1月31日発売
本体価格\1,000+税

大澤美穂

『W100ピアニスト ジャンルを超えた女性演奏家たち』
に掲載されています!

Profile

大阪府出身。桐朋学園大学音楽学部卒業後、同大学研究科を経てブリュッセル王立音楽院マスターコースを卒業。

1994年 第10回 園田高弘賞ピアノコンクール 第2位、大分県知事賞受賞。
1995年 第47回ブゾーニ国際ピアノコンクール(イタリア) ファイナリストならびに 『ブゾーニ作品賞』を受賞。
1998年 ベッツィ・ディオングル賞ピアノコンクール(ベルギー) 第1位受賞。
2001年 第3回安川加寿子記念ピアノコンクール 第2位受賞。

ヨーロッパを中心に演奏活動を行い、2000年より拠点を日本に移す。
これまで国内主要ホールにおいて幅広いレパートリーによるリサイタルを行なうほか
<ノクターンとショパン> <ショパンの作風の変化> <ベル・エポックの記憶>(フランス音楽)
<ショパンの愛したピアノ-プレイエルで聴く珠玉のショパン>
などの様々な企画リサイタルを行なってきた。
2001年、2003年、2005年にはベルギー各地でリサイタル公演を開催。
2007年には、東京都庭園美術館、兵庫県立芸術文化センター、津田ホールなどでのリサイタルに加えて
NHK総合『ピアノ、華麗なるワンダーランドへようこそ』に出演。
また同年、1stアルバム≪MIHO OASAWA Plays Schumann≫をリリース。
2010年12月、<ショパン&シューマン生誕200年記念リサイタル>を開催。
ソロ活動の他に歌曲伴奏、室内楽、映画・TVドラマでの演奏など、国内外において幅広い演奏活動を行なっている。
またミュージックアカデミー東京ピアノ科にて指導にもあたり、ヨーロッパで培ってきた感性を後進に伝え続けている。
これまでにピアノを畑 彰子、山田富士子、アンドレ・デ・グロート、ラザール・ベルマンの各氏に師事。

2011年1月

Album
発売元:(有)スタジオ・リリック
発売日:2007年10月24日
価格:3,000円
(税込)

【1st Album】

Miho Osawa Plays Schumann

ヨーロッパで学びとった音楽作りと自由な感性は…